ヴェスタリアサーガT プレイ日記

序章〜10章

加賀昭三さん主催の同人ゲーム
ヴェスタリアサーガ 亡国の騎士と星の巫女 配信! だそうで!
これが無料…?そんなことがあっていいの…?
お疲れさまですありがとうございます…!(拝)

「高難易度」「初見ノーリセクリアはほぼ不可能」が
「通常」であり「推奨」なのたまらないな…!

でもあらゆるゲームは公式の初期設定の態度として
リセットするのが当たり前であってほしくないというか
初見でやり直しのきかない戦場を主人公達と共有するのではないのか…
みたいな感覚あるのだけど
リアルに考えるなら私が初見の戦場で全滅しない訳がないので
リセットゲーは妥当なのか云々
ハイハイ救済で初見ノーリセいっきまーす(一通り考える)

ベルサガの感覚で言えば初見ノーリセは正気の沙汰じゃないけどな…?
どん詰まらないといいな…

 

■序章 公子と公女

ヴェスタリア島最大手メレダ王国が何故か帝国に攻撃されてて
レデッサ公国の俺ゼイド公子はゼクス兄ちゃんを置いて
アトルフィス王女を連れてベネキアへ逃れるそうな!(伝聞)
わーいゼイドいい面構えしてる!

トロイ「お供します。索敵戦闘はお任せを」
ゼイド「ん?ああ機動力があるからね?」
ボナセル「私は前衛を」
ゼイド「あっポジション取り解説してくれるの…」
プロディ「後衛です!ゼイド様に従うのは若干不満です!」
ゼイド「お前『地味系だが…』って注釈気になりすぎる
村人「こういう話はあまりしたくないんじゃが…このゲームは5ターンに一度しかセーブができん
ゼイド「メタいな!?」

なんという堂々としたチュートリアルマップ…
5ターンに1回ってベルサガと一緒だっけ
今や好きな時にやめられないと落ち着かないな…。

村にカトラス持った血気盛んなじいさんがいたから
オッケー来いよじいさん!と思ったら孫に止められた。
年齢制限なし絶賛人員募集中だよ!

 

■第1章 ゼイドの出撃

リットン義兄さんは柔和に賢くゼイドを庇ってくれるよ…
という訳でベネキアにかくまってもらうために賊討伐。

シスターアリシャとその親衛隊(デューン・ジャン・アッシュ)が来てくれた。
勇者だったとか無茶言ってる村長も来いよ!
と思ったけど腰いわしたので置いていく。
結構な古弓くれたからまさか本当に歴戦の勇者…と思ったら
「じいちゃんが愛用してた弓、ガラクタなのでさっさと使おう」
って明言されてるし えっここデューンのコメント…?
割となんというかそのへんフランクよね…?

ゼイド「そんですごいポツンとフック船長おんねんけどなにあれ」
アリシャ「どう考えても一撃でやられるのでは…」
デューン「金貨500に命を賭けろってこと…?」
ジャン「実は話しかければ仲間に」
ゼイド「ならないだろこの一発芸ステータス

すごい観察した挙句スルーした…
あっ公式がここでガラクタ弓使えばって書いてた…

善人らしきハルディアは傷が癒えれば仲間入りしてくれるらしい
この人あんまり尖ってないね!(先入観)

 

■第2章 海賊の島

子供を攫って売り飛ばす海賊の討伐へ。
単身乗り込んだ女騎士メルディが当然のように危ない。
初期配置の変更もやり損ねたし
とてもスムーズにやられていくメルディ。

アリシャ「ああっもうやられますよ!」
ゼイド「デューン出遅れたしジャンが力及ばずアッシュは遅くて」
デューン「ジャン!アッシュのバトルソウ貰って突っ込めー!」
ジャン「応!」(スカッ)

これしかないという一手でジャンが85%の攻撃を外し、
19%の攻撃を受けてメルディ敗退
メルディ売り飛ばし船がさくっと出港。


えっ終わり?

えええええ10ターンまで待とうぜそこは…!
本拠地を叩いたらどうにかなったりしない?って
あわあわざくざく海賊団潰したけど何も起こらず。

えっそんでメルディは…みんなコメントもなし…?
メルディ、メルディー!?

 

■第3章 ガラキア討伐

都市を開放するか山賊の本拠地を潰すか下手すれば挟みうち、
防衛でもなく何が起こるか分からず分散も危ない
しかしとっとと進めないともっと危ない人出てきそう。
すごいいごいごする…意外と無いなこういうマップ。

ゼイド「バレリウスは…完全にチートじゃねえか
トロイ「ヤパ族もよく見るとえげつない」
アトル「ヤパ賊は川を渡らなければ攻撃してこないそうです」
ゼイド「よし、無視!」
ガーラン「しかし跳ね橋動かないし現状どん詰まりですね…?」

このままの状況なら突撃して死ぬしかないのでは…
といごいごしてたら西の村でシーゼル登場。

シーゼル「一人じゃきついな…えっ今出た村訪問できたのか(戻)」
女「アンタまだいたの!暇なら騎士団を連れてきてちょうだい」
シーゼル「君が跳ね橋降ろしてくれるんじゃないんだ…どん詰まるんだけど…」
チェザル「うおおおい何か知らんが跳ね橋なら降ろすから一緒に行こうぜ!」
女「ちょっとオォォ村潰されるでしょおおお
シーゼル「あっ」

ずごーん




ゼイド(ノノ)

わァーやってもうた…何か潰れちゃいけないもの潰れたよ…

村人「すみません、ヤパ族にとられた古代の彫像を取り返してくれませんか」
ゼイド「よしトロイ、チェザルが友好的会話をしてる隙にかすめ取って来い
トロイ「イヤ何かおかしくないですか!?」

で取ってきてデューンに彫像パスしようと思ったら渡せない。
わあ嫌な予感。

村人「クククこの彫像を売ればたんまり稼げる」

村の守り神を盗まされたトロイは幸運が1下がった!
祟り怖い…真面目に命取られかねない幸運1だぜこれ…
盗人にまんまと逃げられ村長はずっと祈っている超ごめん…
話が通じるシーラの同族に妻の形見をとった村人がいるとは
ちょっと珍しい設定だなとは思った…

ハルディア「バレリウス、妹ラヴィニアはどこにいる!」
バレリウス「環の娘がリヴェルの王女で太陽の巫女で」
シーゼル「ウワー森の盗賊がデスダガー持ってるー!」
ゼイド「アッハッハもう色々追っつかないわー」
プロディ「笑ってないで何とかしてください

このベルサガ感楽しすぎる。
シーラ魔力ばっか上げてるけど使いどころあるの…?
ゼイドはドーピング全部吸い上げてるのに全然弱い
あと3回沈黙したシーゼルちょっと来い。

 

■第4章 闇の咆哮

開始早々「チェザルの稼ぎ」をアトルが貰ったけど
これどういうシステムなの…あいつアトル配下なの…?

ゼイド「はいチェザルきりきり働いてー」
チェザル「ハイハイ鍵開けるから竜倒してくださいよ!頼むよ!?」
トロイ「えっ俺なの特効受けるのに!そいやァァァ!!」

竜の攻撃をトロイで受けたら3連続が2回出た
決死の猫パンチみたいだった。よくやったトロイ!

ゼイド「増援が強くなってるかな…ボス倒せる位置でチェザル待ちしy」
山賊「死ねェ!」
ゼイド「えっ」

増援でいきなり出てきたカーリーアクス(強いけど多分当たらない)に

ゼイド一撃死しました



- GAME OVER -




早くも…!orz

急に危険度上がる増援とか少々の致命とかは
もはや完全回避してられぬって感じでやってるもんな
いやしかし気を付けよう…

チェザル「で左の岩は何とかしてくれよ!」
ハルディア「『地下神殿』という地形があるのが気になる」
シーゼル「隠し通路無いしなあ」
シーラ「さっき山賊達がざくざく掘ってたじゃない」
ゼイド「斧ー!斧をもてー!」

でザイード連れてきたら壊せた。ユニット選択大事だなこれ…

ガラキアでクーデターだそうなので急いで戻るよ!
ええーリットン総督ってどうなのって話出てる
やめてよ数少ない癒しなんだから!

 

■第5章 ベネキア動乱

ゼイド「待っててリットン一家!また始まってみないとルート取り決まらないな…」
トロイ「迷子保護しましたー」
ボナセル「おまえ何やかんやしょい込むな…」
トロイ「機動力担当なんで…」
シーラ「あっ扉の鍵買ったのに敵が開けちゃった!」

流れで南下して迷子の親に船を渡してもらう。
姪っ子ニーナは飛行系騎士団が守ってくれるけど
増援が弓でとんぼとり始まるかと思った…!
再移動でヒットアンドアウェイできるのねかっこいい!
ニーナは敵の傭兵マレーネかゼイドと話したそう。

デューン「えっあのか弱い子が一体どうやって」
プロディ「彼女かゼイド様が敵の攻撃範囲に入るしかないですよね」
ゼイド「絶対死ぬよね
エイル「なんか大変そうですね!私は民家で情報集めまあっ

エイル、バーンワースの攻撃範囲で誤待機。
(訪問後に再移動できるような気がしてた)

アスラン「エイルゥゥゥゥ
エイル「ほあああああ!!
ニーナ「待って、攻撃しないで!」
ゼイド「ニーナ危ない!」
シーゼル「僕達も行こう!」(だがゼイドの前には出ない)

若干ヤケ気味に「まあこれ接触しないと進まないよね」って
みんなで出てったらマレーネがニーナに話しかけてくれた。
助 か っ た … !!

このたびボナセルプロディが全く追いつかなかったので
トロイとゼイドで切り込み隊長何とかできてよかった…
あと最後の弓部隊もアドラー隊が主にやってくれたっていう。
リットン一家ご無事でよかったー!

◎他
・速さの秘薬がラクダの唾液だって知って引いてる
・雷神の剣が射程1だと
・またチェザルが「この金でドレスでも買いな」ってアトルに貢いだ
 メッセージ漏れがあってアップデートで入るそうな??

 

■第6章 クラルの山道

村へ急ぐ荷馬車を護衛。
えっ荷馬車は指揮下にないの?

ガーラン「敵を近付けるな、護衛の兵は何をしている!」

お前が全速前進なんて軍師らしからぬ動きさせてなきゃ
こんなに苦労してないんだよ


ゼイド居なかったけどみんなの心は一つだったとおもうよ…?

荷馬車を4人がかりで押しとどめてプロディトロイエイルやらで突撃。
ボナセルの陰に隠れて伸び悩んでたプロディが
安心の守備力とスキルでレベルが15くらい上がった。

武器すぐなくなるな〜しかしお金余裕ない…
魔法の特効便利なのに常に無くなりそうで
使い分けとかできる状況じゃない。使いすぎか。
沈黙しすぎて気付かなかったけど
シーゼルレベルトップクラスだな…うわあ…(悲愴な顔)

私財をなげうって支援してくれるリットンさんにゼイドはもっとお礼言って!

 

■第7章 魔女と貴公子

倒してもわいてくるゾンビをどうにかするぞ!どうすんの!
神の店怪しすぎる…大丈夫?装備しても呪われない?
盗賊連射弓買ったけどチェザルのじゃねえのか!
そんでゾンビ倒したら

アコルト「あなたたちは…」

綺麗な子が一瞬出てきて消えたけどこれ誰なの…
ローブ達の言うことが疑わしいとして
惑わされてるのは誰なのかな…うちすか…
ゾンビだと思って倒してるのが村人パターン?うーん??
墓の中の洞穴と人骨見に行けないな〜

ゼイド「う〜ん民家はロクなリアクションじゃないしあと何すればいいんだ」
タムティール「ジスカールのいないうちにマラヤを潰せー!!」
ザイード「村が潰されるぞ!行ってくる」
ルピナ「応援急いでください〜〜」(弓に近付けない)
ボナセル「ゾンビが教会の方へ行ってしまったけど大丈夫でしょうか!なお今から追いつける兵はいません」
ゼイド「……………殺るか……」

倒してから和解するパターン多いし!って
デアポリストを倒したら「なんと愚かな…」って言われた
ウンやっちまったことだけは分かるけど
ごめんて何が起こってるの教えて…!すごいきもちわるい!!

でマラヤはゲルが攻撃避けたりして面白イヤ
比喩表現でしょうし悲鳴とか妙にリアルですけど…
片づけてから館制圧したらやっとシルティン出てきた
遅いよ!制圧したらクリアしちゃうかと思って後回しにしたわ!

館は貴族の父娘の暮らしぶりでデアポリストが父で
娘がアコルトで魔女なのかなウ〜ン分からねえ〜〜〜

 

■第8章 マラヤ防衛線

うん

出撃数が定員割れしてるね

サジマジは2軍とか密かに思ってる場合やなかったんや…
うち1軍も足りてないんや…

悩んで使い損ねがちなドーピングアイテムですが連続はボナセルに使い、
最大HPアップをシーゼルにあげたら恐らく
上限引っかかって一部無効になったよね
クッ…どこまで伸び悩むんだこのウエスタマージ…!
もろもろ上限かなり低いよね!?

噛みついてくるシルティンはハイハイ王子様王子様と思ってたけど
ほんとこのステータスでイキがったり飛び出したりするのやめよう…?
しかも回復もさせてくださらないと…仰る…?

ジスカール「公子は苦戦してるようだな!」(ダッ)
アイネリア「私も何かしなければ!」(ダッ)

君ら似たもの同士だな!!

プロディがクラスチェンジしたらモリッと強くなって
ゴンさんみたいになったので突撃してもらう。
バーサクかかって一人で狂っててもいい硬さだけど
魔防0なので手が出せないまま
抜け道から出てきたゼイドで敵将だけ倒す。
ヒュウ〜「なんか公子ずっといないけど逃げたんじゃね」とか
言われながら颯爽と現れてかっさらうゼイドを漫画で見たい。

いいアイテムあったのにな〜〜
ベイモンクの善人顔ぶりも気になる…
あとなんかずっと目標確認に書いてあるNPCの数が
実数より多いんだけどどういうことなの…

 

■第9章 同盟の条件

密度高いのは嬉しいんだけどマップの前後でモリモリエピソード入るね!
欠員のエピソードはカットされて最後の方スカスカになったらどうしよう…
取りこぼしすぎてオラ既に2周目が楽しみになってきたぞ…

で拉致された中立国のわがままリティア姫の救出。
道具の修理しかできない取り柄のない少年って何だよ
道具の修理でうちで雇うわ(前のめり)

チェザル「ゲルにいいアイテムあるな〜」
ガーラン「非戦闘員は攻撃されない方がよろしいかと」
ゼイド「うんグラを思い出してたけど攻撃は…しないよ…」

と言いつついちいちコマンド出るもんだからうっかり攻撃しそうでこわい。

ゼイド「敵ユニット数の表示がまた多いんだけど…」
ハルディア「アサシンは片づけたはずだが」
ゼイド「これゲル数えてない?
アトル「あのゲル人か家か分からないところありますからね…」
エイル「大岩に致命攻撃ヤッター!」
敵「クッ、大岩に遠隔治癒の杖!」(岩HP回復)
ゼイド「どういうことなの…

いいけど敵数えにくい…。

また殲滅してから制圧したらそっから離脱しろって言われて
全部片づけてから制圧という考えを改めた方がいいのかな…
しかし制圧したが最後終わっちゃうかもしれないし
イヤ今回増援出たんで片づけといてよかったんだけど…

ホエルンは頑張ってるのに報われないなあと思ってたら
アトルと出ていった えええ…!
そしてこの面子の中でまたゼイドの私情の出なさこそ気になってきた
リットンにもガーランにも一線引いてる気がするし
シーゼルは私がよく分からん。ノリが。

 

■第10章 公女の決意

エルヴァとホエルンのみで戦闘。ちわきにくおどる。
アトルはホエルンに同行してる扱いなのね
攻撃受けないし2人同時回復もできるし
何それ普段もそれやってください…!

ウラブ族「わしの嫁になるなら力を貸してやる!」
ホエルン「断る

この流れでこれ以上ホエルンを侮辱すんじゃねえぞコノヤロウ
でも承諾選択したらどうなったんだろこれ…

ホエルンは唐突にアトルと失踪ってほんと残された人のこと考えて…
ゼイド大きな声で怒るよ…って思ったけど
他所の都合に振り回されてるより断然かっこいい。
シルティンとリティア見てるから余計に…

あとエルヴァめっちゃ好みですけど既にこの浮いた話の出なさそうな流れ。


inserted by FC2 system